種類を知っておく | 悩んでいる包茎を治したいなら包茎手術を受ける為に病院へ行こう
Stress man

種類を知っておく

包茎には、仮性包茎、嵌頓包茎、真性包茎などといった種類があります。それぞれ、症状が異なりますのでどういったことが起こってしまうのかを紹介します。

まずは、仮性包茎です。これは、通常の時は亀頭が全てまたは一部が皮で覆われている状態です。正常に勃起することはできますが、皮の部分にカスが溜まってしまうことがあります。
この場合、衛生上悪いですし、悪臭の原因ともなります。そのまま放置しておけば、痒みや赤みが発生してしまいますし、性病にもかかりやすいので症状が酷い人は手術を受けたほうがいいでしょう。それに、早漏や女性に対して有効的な刺激を与えられないということでコンプレックスを抱えてしまうこともあります。
コンプレックスを抱えてしまうと、EDになってしまう可能性が高いので早めに改善できるように手術を受けたほうがいいでしょう。

嵌頓包茎は、包皮輪が狭いことで亀頭部分を露出しようとすれば、皮によって締め付けられてしまいます。そうなると勃起するたびに痛みを感じてしまいますし、無理に亀頭部分を出そうとすれば緊急に手術を行わないといけないことになります。ですから、この種類の症状であればすぐに病院へ行って手術を受けることをおすすめします。

真性包茎は、包皮輪がとても狭い状態になりますので勃起状態の時だけではなく正常な時も皮をむくことができない状態ですので、亀頭部分を露出することができないのです。
これは、包茎の種類の中では一番重症だと言われているので早めに手術を受けたほうがいいでしょう。